女子でも一度は行ってみたい!初めての夜のウォーキングストリート!!

こんにちは。シラチャde制作スタッフの浅井です。
20代女子、パタヤ二人旅。予告通り、今回はウォーキングストリート編です。


 

ここが噂の…!


とにかくギラギラしています!!
音も大分賑やかな感じ。
そして人が多い!

 

ご存知ない方に向けて簡単に説明すると、このパタヤのウォーキングストリートにあるものというと、ゴーゴーバー(セクシーな姿の女の子を見ながらお酒を飲める。一緒の席で飲んだりお持ち帰りすることも可能。)やバービア(ガールズバーのようなもの。お持ち帰りもできるらしい。)、ディスコ、バー、レストランなどです。

 

ですが、私たちが訪れたのは……

 

①ドクターフィッシュのお店


(ウォーキングストリートの終わりの方(だいたい500mくらい)にあります。)

 

足の角質を食べている魚が入っている水槽に足を突っ込むやつです。

 


 

 

思わず叫びました。
怖かったです。
くすぐったいし、ちょっと気持ち悪いし、なかなかずっと足をつけていることができませんでした。
水槽に入っている魚の種類のせいか、私の足に角質が豊富なのか。。。

こちらの水槽はMちゃんが足を入れた水槽です。こっちは私の方の魚ほどガツガツしていませんでした。(程よく沢山来ていました。)
魚に思い切り来てほしい方は、黒くて小さめの魚が入っている水槽を選び、角質ケアをしないで行くと良いかもしれません。笑

料金は20分で50B。奥では普通のフットマッサージもやっているようです。

 

 

②トルコアイス


 

ウォーキングストリート内には幾つかトルコアイス屋台が出ていて、それぞれが工夫してパフォーマンスをしています。私たちの行ったところは、「外国人がイメージするトルコ人」みたいな格好をした男性が、棒にトルコアイス(粘度が高い)でくっつけた状態のコーンを差し出してきました。

「なるほど、これね!長い棒で渡されるのね!」と思って受け取ろうとすると、コーンをくるっと回されて、渡してくれません。何度かそんなことを繰り返すのですが、実際やられてみると手品のようで、結構不思議な感じです。取れそうなのに取れない。。笑  それだけでなく、手をとってくるっと自分を回されたりもして、最後にやっとアイスを受け取ることができました。


 

お値段は1つ40〜60B。アイス代+パフォーマンス代でこのお値段ならお手頃かも。

 

 

③ウォーキングストリートから徒歩30秒のバー

ウォーキングストリートにもバーはありましたが、どこのバーもとにかくうるさい感じ。。それが独特の別世界感を作り出している要素の一つで、魅力でもあると思うのですが、今回はそういう気分でなかったので、ウォーキングストリートを出てすぐの若干静かなバーに行ってしまいました。笑


静かめとは言ってもお店の雰囲気は、ウォーキングストリートの別世界間を醸し出す定番の青系の光でいっぱい。

 

70Bのカクテルはショボ目なグラスとストローで出て来ましたが、いつものシラチャとは違う風景を見ながら、夜風とともに飲むとなんだか良い感じでした。


 

私たちには少し刺激が強よすぎたウォーキングストリート内のバーですが、出てすぐのところで軽めにウォーキングストリートの雰囲気が味わえました!

 

 

 

【ウォーキングストリートは20代女子でも楽しめるのか?】

もちろん人にもよるでしょうが、一言で言えば、「Yes」です。

ウォーキングストリートには意外(?)と多くの女性が歩いていますし、たまに子供も見かけます。
女性は歩いていても放っておかれるのかと思いきや、ちゃんと(?)勧誘されます。だいたい若干馴れ馴れしい感じでA4サイズの表を見せてくるのですが、ちょっと卑猥な写真が…。「ボーイズアンドガールズファッキングショー!女の子も見るよ!!」とのことでした笑。
ゴーゴーバーなども女性が入れないわけではないので、興味のある方は一度トライしてみても良いと思います!

ゴーゴーバーはハードルが高いにしても、普通のバーもたくさんあり、ストリート全体がクラブのようで、別世界の雰囲気は面白いです!
今回の私たちのように、ちょっと歩いて雰囲気を感じたり、ドクターフィッシュで笑ったりするだけでも楽しめますよ!

シラチャから最安35バーツで行けるので、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す