バンコクやシラチャの気候や地理的特徴と、タイ各地の気候的特徴(タイについて知ろう-基礎編②)

 

バンコク、シラチャの気候
首都のバンコク、パタヤ、シラチャは、気候的には中部に含まれる。
タイの中部の気候的特徴は、熱帯性気候で、年間を通じて気温は高い。

 

オススメの服装と気温

暑季
日本の春の3~5月は、タイでは一年で最も暑い暑季。ほぼ毎日気温が35~40度になる。朝から耐えきれないほど暑く、夜になっても一切涼しくならない。中でもタイ暦の正月(4月中旬)は一番暑く、水をかけあうお祭りが行われる。
日中は帽子を忘れないようにしましょう。
また、外は暑くてもバンコクのBTS、バスなどの乗り物やカフェの中などでは冷房が効き過ぎて寒く感じることがあるので、上着も持っていると便利。

雨季
6~10月の雨季は一日に何度も激しいスコールがあり、激しいときは外に出れないほど。折りたたみ傘など、雨具があると便利ですが、激しいときは全く意味がないほど激しく降るので、私はオススメしません。一日中、降り続くことはなく、30分~1時間で日が差してきますので、通常のタイ人は、雨宿りして行動しません。遅刻の理由No.1となります。

乾季
11~2月の乾季はほとんど雨が降らず、風も涼しく観光に最適。朝夕は肌寒いときもあるので長袖の用意を。また、12~2月は雨がほとんど降らず、気候が安定しています。

 

中部地方の地理的特徴

タイを代表する川チャオプラヤー川や運河、その他の主要河川が網の目のように流れ、非常に肥沃な稲作地帯。古代からタイの中心として栄え、歴史上重要な遺跡も多い。
シラチャのある中部東側は、伝統的にキャッサバ畑が多い。西部山麓部ではさとうきび、北寄りではトウモロコシ、中部平原の周辺部には畑作・果樹地帯もある。現在は、工業団地・住宅団地の開発が急速に進んでおり、タイの経済の中心となっている。

 

平均気温(℃)
1月26.5
2 月28.1
3月29.4
4月30.5
5月29.5
6月29.3
7月28.9
8月28.7
9月28.4
10月28.2
11月27.4
12月26.1

降水量(㎜)
1月8.4
2月24.7
3月27.5
4月65.2
5月220.1
6月147.3
7月156.1
8月196.8
9月344.4
10月240.9
11月50.6
12月10.4

 

 

 

タイは、中心地中部地方の他に、北部、東北部、南部の4つに分けられます。
それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

◎東北部
「イサーン」と呼ばれる。
コラート準高原のなだらかな斜面が、北および東にある国境のメコン河まで続くこの地域は、全体的に痩せた土壌が多い。さらに、地下には岩塩層が広がり、森林を開いて畑にしたあと、キャッサバ栽培などで 地力を収奪しつくして放置された荒地も多く、干ばつが常襲化している。
全国の水田面積の55%がこの地方にあるにもかかわらず、水田の灌漑が進んでおらず、わずか11.5%ほどしか灌漑面積がない。残りは天水依存型農業となっているため、不安定である。
イサーンは、タイでもっとも貧しい農村地帯となっており、バンコクへの出稼ぎに行く人が多い地域である。

歴史的には、クメール帝国の重要都市が作られた土地。ラオス、カンボジアと国境を接するため、両国の影響が非常に大きい。

 

平均気温(℃)
1月22.6
2月25.1
3月27.9
4月29.8
5月29.2
6月28.8
7月28.5
8月28.0
9月27.7
10月27.0
11月24.9
12月22.3

降水量(㎜)
1月6.6
2月13.5
3月36.9
4月82.7
5月220.0
6月213.7
7月222.6
8月278.2
9月245.9
10月93.4
11月9.1
12月3.0

 

 

◎南部
マレーシアに連なる半島部で、熱帯雨林地帯に属し、ゴム、ココヤシなどが 大農園方式で栽植され、パイナップル、バナナ、コーヒー、油ヤシも栽培されている。
プーケット、サムイ島などの有名なリゾート地があり観光業が盛んな地域でもある。
南部の東海岸、特にサムイ島周辺は、中部の雨季(6月~10月中旬)の時期に雨が少なく、ほぼ晴れる。そのため、サムイ島はタイの雨季の避雨地として有名で、この時期の海は穏やかで、シュノーケリングやダイビングのベスト・シーズン。

 

平均気温(℃)
1月26
2月27
3月28
4月29
5月28
6月28
7月28
8月27
9月27
10月27
11月27
12月26

降水量(㎜)
1月35
2月28
3月66
4月150
5月279
6月299
7月282
8月277
9月329
10月364
11月206
12月36

 

 

◎北部
チェンマイを中核都市とするこの地域 は、山が多く、比較的涼しい地域。雨季と乾季の差がはっきりしているという特徴ある。
山と盆地が入り組んでおり、亜熱帯モンスーン地 帯に属し、比較的湿潤な農業条件に恵まれている。米、トウモロコシ、養豚、さとうきびの他、大豆、落花 生、唐辛子、タバコ、イチゴなどの商業的な特殊農産物も生産され、チーク材の家具など伝統的な輸出林産物もある。

ラーンナータイ王国として栄えた歴史や、スコータイ王朝が開かれた歴史がある。(チェンマイは、19世紀後半までラーンナータイ王国の首都として栄えており、日本の京都のような場所。中央部とは異なる文化を持つ。)
首長族など、山間部で独自の生活様式を守っている山岳民族も見受けられるおもしろい地域であると言える。

 

平均気温(℃)
1月22.0
2月25.6
3月27.4
4月29.4
5月29.1
6月28.1
7月28.0
8月28.3
9月27.6
10月23.6
11月23.0
12月22.5

降水量(㎜)
1月0.0
2月0.0
3月5.3
4月50.9
5月139.2
6月131.2
7月136.5
8月226.1
9月184.6
10月122.7
11月47.7
12月48.4

 

コメントを残す