『シラチャでも日本の本が読みたい!』そんなあなたに送るシラチャで日本の本を読む方法4選!

みなさんこんにちは!シラチャdeの玉岡です!
最近ようやくシラチャの生活に少し慣れてきました。

でもみなさん、海外にいると日本の本を読みたくなりませんか?

ということで、今日はシラチャで日本の本を読む方法を紹介していきたいと思います!
①AEON MALL内の本屋さん
SMLXL

ここでは日本語の本を買うことができます。
雑誌や漫画や小説やビジネス書など、カテゴリーも豊富です。
SMLXL

SMLXL

新書は少ないですが、有名どころのビジネス書も結構売っています。
シラチャでこれだけの種類があるのはちょっと驚きました...(^^;)
ビジネス書の値段は平均して700Bくらいでした。
日本に比べるとやや高いですが、シラチャで読めるということであれば、これくらい問題ないですね。
SMLXL

タイ語の本もあるので、ぜひ勉強にどうぞ!
②漫画喫茶『yomihoo!』
SMLXL

実はシラチャにも漫画喫茶があるんです。
その名も「yomihoo!」。先ほど紹介したAEON MALLの正面に位置しています。
圧倒的な品揃えです。漫画に関しては、読みたいものは全てあるんじゃないでしょうか...?
SMLXL

SMLXL

店主さんが3.5000冊ほど日本から持ってきたとのこと...。
だからこれだけの種類の漫画があるんですね。
その他にもWi-Fiが使えたり、飲み物が飲めたり、パンやお餅が食べ放題だったり、エアコンが快適だったり。
SMLXL

もはや日本の漫画喫茶と同じですね。(ちょっと凄すぎる...。)
『シラチャのオアシス』と呼んでも過言じゃないです。
③Amazon先生を使う
SMLXL

『いや、これだけの品揃えがシラチャにあっても、俺は日本にある本が読みたいんだ!』
そんな方はAmazonを使うことをお勧めします。
シラチャみたいな、バンコクから離れた街にも来るのか...?
と思いますが意外にも頼めるみたいです。
配送1件ごとにかかる料金が900円で、
商品1点ごとにかかる手数料300円。
どうしても読みたい本がシラチャになければ、頼んでみでもよさそうです。
④Kindleを使う
SMXLL

『やっぱり今の時代、IT技術を駆使してくっしょ!』
そんな方にはKindleがオススメです。
個人的に僕は電子書籍を読むのは苦手なんですが、電子書籍でも問題ない方は是非こちらも検討してみていいと思います。
最後に
いかがでしたか。やっぱり海外にいると日本の本が恋しくなりますよね。
以下の記事でも『yomihoo』について説明しているので、参考にしてみてください!

シラチャの休日に新提案!漫画喫茶「Yomohoo!」に行くべき理由5選!

今シラチャで読める!!寝不足注意!夜読むと本当に危険な漫画5選!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です