シラチャの休日に飽き飽きした方必見!!ビーチリゾートパタヤにある、『東洋のサグラダファミリア』との異名を持つサンクチュアリ・オブ・トゥルースにロットゥーで行ってみた。

みなさん、こんにちは!!

シラチャdeの上杉です。

さて、前回はパタヤの水族館に足を運びましたが、あの後、僕はパタヤのとあるスポットに行ってきたのでそちらの方のご紹介を今回はしたいと思います。

突然ですが、みなさんは

『東洋のサグラダファミリア』という言葉をご存知ですか?

実はこの

『東洋のサグラダファミリア』、パタヤにあるんです!!

正式名称は、

『サンクチュアリ・オブ・トゥルース』。

日本語にすると、『真実の聖域』。

まるで何かの御伽噺にでも出てきそうな名前しています笑

この建物、まだ建設中でして、1981年に着工して以来いまだに建設してます。驚くことに個人の富豪の財産によって造られた建造物で、17世紀から続くタイの建築技術を現代、そして後世に残すという目的のため制作が開始されたそうです。

さて、ではその匠の技をご案内していきましょう。

まずは、シラチャからの行き方ですが、ロットゥーに乗ってパタヤまで行き、そこからバイタクなどを利用することになります。

シラチャからパタヤの行き方はこちらのページをご参考に!!

こちらが入り口のゲートになります。なかなか立派なゲートで驚きます。



このゲートの近くにチケット売り場があるので、そちらでチケットの方を購入。



きになるお値段ですが、大人一人500バーツです。
やはりパタヤの観光地はどこも少しお高いです泣
ちなみのこれ、観光のみのお値段で、この他にもいろいろなアクティビティを楽しむにはさらにお金を払わないといけません泣
僕はそんなお金ないので今回は泣く泣く観光のみで諦めました泣


さて、無事チケットを購入したら、門を背にしてまっすぐに進んでいきます。案外広くて迷う可能性ありです笑ゲートの近くにはお手洗いもあるのでこちらで済ませておきましょう。

・お手洗いの近くにはサンクチュアリ・オブ・トぅルースの模型のようなものもあるのでわかりやすいです。


メインロードの入り口で係りの人にチケットを見せていざ入場。



入ってすぐに出迎えてくれたのは、まさかの馬車!!


なぜこんなところにと思いましたが、お金払えば乗れるようです。

さらには馬が放たれているパドックのような場所も。




後で知りましたが、乗馬も出来るようです。

そんなこんなで歩いてどんどん進んでいくと、ミニズーと書かれた看板が‥。


気になって行ってみると、なんとヤギしかいません笑



名前変更した方がいいですよね笑少なくともズーではないです汗。

そうこうしているとようやくお目当の建物が見えてきました!!


遠目でもなかなかな迫力!!!

なんとかファンタジーとかのゲームに出て来そうな見た目です。

ここでもう一度チケットを見せて、安全のためにヘルメットが渡されます。装着し、いよいよ建物へと近づいていきます。


この木でできた階段をどんどん降りてい木、道なりに進むと、近づいてきました!!


道中には仏像も。


ここにもなぜか馬が。


さらにはゾウが放し飼いにされています。



ゾウに乗ってトレッキングもできるようです。

バナナ一房100バーツでえさやりも。


そんなこんなでついに目の前まで来ました。


遠目ではわからなかった建物の造りの斬新さと細さに圧倒されました。

この建物、驚くべきは建築の際に一切の釘を使用していないこと。

釘なしでこんなにも複雑な建物が造れるのかと驚愕してしまします。


数多の仏像が天空に向かって屋根に並ぶ様はまさに壮大で、スケールの大きさをひしひしと感じさせてくれます。

肝心の中はというと、これまた見事の一言。








天井はまるで教会のように高く、圧迫感を全く感じません。中の仏像の装飾は非常に繊細で幾重もの工夫が施されていることが素人目でも明らかに分かります。

立地も最高で、建物からは海を望むこともできちゃいます。今回はあいにくの空模様でしたので、綺麗かと言われると微妙ですが‥泣



ただ海風を感じることができ、内部はかなり涼しく快適です。

まだまだ工事中で工事もしっかりしていました。


完成する時が楽しみですねー。

一通り見終わって外に出ると、ゾウで建物の周りをトレッキングしている方々と遭遇。



タイならではって感じでいいですね。僕も今度ゾウに乗ることにチャレンジしたいと思います!!

帰りも来た道と同じ道を辿り入り口に戻ります。

帰り際に馬車とバイクが並走しているところを発見。


このほかにもボートやバギーにも乗れるようなので皆さん是非利用してみてはいかがでしょうか?



『真実の聖域』と題されたパンフレットにはこのように記されています。

『聖域で表れた真実は人生と父親、母親、地球、空、太陽、月及び、星を含めた宇宙の関係である。』と。

なんだか哲学的で難しいですね汗。

東洋哲学を具現化したような壮大な建造物がパタヤというビーチリゾートで見られ

るのはなかなか不思議な感じもしますが、ビーチを満喫しつつ、この荘厳な建造物

を訪問し、宇宙と一体となるような感覚を味わってみては?

こちらの記事もぜひご参考に!!

休日のプチ旅行に、シラチャから日帰りで行ける水族館!!パタヤ観光の定番スポット、『Underwater World Pattaya』にロットゥーで行ってみた。

シラチャde編集部おすすめ!スカッシュやテニスにも最高の環境!! パタヤの5星ホテルでスポーツ三昧の休日はいかがですか?

女子でも一度は行ってみたい!初めての夜のウォーキングストリート!!


タイの生活情報、シラチャの生活情報
超お得なクーポン!!
毎日更新タイニュースやオリジナル記事は
シラチャde!! www.sr-de.com

コメントを残す