11/20 パタヤ~サタヒップ~チャーン島のフェリー開始へ

8月18~19日にかけて、フェリーによるパタヤ―サタヒップ―チャーン島の就航が試験的に行われ、9月より正式にオープンする見込み。

現在、タイではパタヤ―ホアヒン間をフェリーで毎日行き来しており、ロイヤルパッセンジャーライナー社が1社のみ、港湾局から許可を得て運航している。

今回も同社による運航となり、パタヤ―サタヒップ間は約1時間半、サタヒップ―チャーン島は約5時間となる見込みで、費用は片道で1000バーツほどになるとしている。

すでに就航しているパタヤ―ホアヒン間の片道は1125バーツ。1日に1往復している。

将来的にはアセアン間でのクルーズ船などの構想もあり、寄港できる港などを用意することも必要となっている。

コメントを残す