12/2 金持ち自慢をしていた妻のSNSで発覚、逃亡生活17年に終止符

偽名を使い別人に成りすまし17年逃亡生活を送っていた男が逮捕された。逮捕された男はチョンブリ、チェンマイ、ナーン、バンコクのマフィア「ラオター」の一員。ラオターのネットワークを使って薬物の売買をしていた。逮捕前には約5000万バーツ(約1億5千万円)の資産があったとされる。

男はチャットチャイと名前を変え交際していた女性とその家族に自身の資産は国家レベルの大きなビジネスで得たものだと偽り結婚。何も知らない妻がfacebookで「金持ち自慢」をしていたところ異常なほどの贅沢な暮らしに周りで疑問が沸き捜査依頼が入った。

捜査の末、男は2000年から薬物売買の疑いで逮捕状が出ていたガオ・セーパーン氏と断定。名前を変え結婚し闘鶏で生計を立てていたとされているが、普段の生活ぶりからその収入だけでなく今日に至るまで薬物売買で収入を得ていたとされる。

コメントを残す