12/20 タイ・メディア大手ネーション 経営危機でデジタルテレビ、大学など売却 

タイのメディア大手ネーション・マルチメディア・グループ(NMG)は20日、経営再建のため、14億バーツ相当の資産を6カ月以内に売却すると発表した。

売却するのは私立大学のネーション大学、デジタルテレビチャンネル「NOW26」、印刷会社のWPS(タイランド)、不動産など。

NMGは1971年創業。英字紙ネーション、タイ字経済紙クルンテープトゥラキット、タイ字一般紙コムチャットルクなどを発行するほか、2014年には地上デジタルテレビ放送に進出した。しかし、デジタル化の進行による新聞事業の不振とデジタルテレビの事業権料の負担で業績が急激に悪化。2013年は売上高30・6億バーツ、最終利益2・5億バーツだったが、2016年は売上高21・8億バーツ、最終赤字11億バーツに転落した。2017年1―9月期は売上高13・6億バーツ、最終赤字21・4億バーツ。

創業者グループと敵対的買収を仕掛けた同業ニュース・ネットワーク・コーポレーションの抗争で経営も混乱している。

コメントを残す