12/23 レオパレス21、プノンペンでサービスアパート開業

レオパレス21(東京都中野区)がプノンペンで開発運営するサービスアパートが21日、開業した。

名称は「グランフェルテプノンペン」。同社初の海外自社開発物件で、地上14階、地下1階、計56戸。部屋のタイプは1ベッドルーム(38―72平方メートル)、2ベッドルーム(89―103平方メートル)、3ベッドルーム(121―134平方メートル)。

テレビ、ソファーセット、ダイニングテーブル、イス、エアコン、冷蔵庫などのほか、フィットネスジム、多目的ラウンジ、地下駐車場などを備える。また、24時間セキュリティ、ルームクリーニング、朝食などのサービスを提供する。

コメントを残す