3/19 川に車が転落し3人死亡

18日午前7時、チャンタブリー県スクムビット通りのサバープ河に架かる橋から車が転落する事故が発生した。サバープ河は水深約10メートル。転落した車はひっくり返っており、車体全てが沈む寸前であった。車内からは運転手の41歳男性と44歳の妻、そして8歳女児の遺体が発見された。その他14歳と12歳の少年2人が怪我をした状態で発見された。生き残った14歳の少年によると、父親が運転する車で家族5人バンコクからタラート県に向かっており、母親と妹は真ん中の座席、自身と弟は1番後ろの席に座っていた。事故現場に差し掛かったとき、道がカーブしており車が滑って橋の下に落ちたという。

警察は、事故当時雨が降った影響で道が滑りやすくなっており、濡れた道での運転に慣れていなかった男性がハンドル操作を誤ったとみている。

コメントを残す