3/30 タイ北部でバス炎上、ミャンマー人労働者20人死亡

30日未明、タイ北部ターク県の国道12号線で、乗客、乗員49人が乗った2階建てバスが炎上し、20人が死亡、3人が重軽傷を負った。死傷者のほとんどはミャンマー人の女性とみられる。

バスはタイでの就労手続きを済ませたミャンマー人労働者を乗せ、ミャンマー国境のターク県メーソードからバンコク北郊のパトゥムタニ県に向かっていた。午前1時半ごろ、走行中に床下から火が出たため、タイ人運転手が路肩にバスを止め、乗員、乗客が外に逃げようとしたが、火の回りが早く、多くが逃げ遅れた。

コメントを残す