4/6 カスタム検索 荷物投げ中指立てる バス乗務員に罰金5000バーツ

タイ運輸省陸運局は4日、長距離路線バス乗務員の男性に対し、業務中に不適切な行動があったとして、5000バーツの罰金を科し、長距離路線バスのサービスに関する3時間のテレビ講習を受講させた。

調べによると、男性は3月31日、東部パタヤ発東北部ナコンパノム行きの長距離路線バスに乗務した際に、乗客のかばんを投げ下ろして中指を立てたり、乗客が車内で喫煙するのを黙認するなどした。乗客の女性がこうした様子を撮影し、インターネットの交流サイトに投稿。陸運局が男性に事情を聞いたところ、事実と認めたため、処罰した。

コメントを残す