5/23 タイの祭事 2018年6月 日本人リピーターもいる東北地方の奇祭「ピーターコーン」

16―18日 Bun Luang and Phi Ta Khon Festival 2018 ルーイ県ダーンサーイ郡

「毎年通っている」という在タイ日本人がいる、親しみやすい祭り。ラオス国境にほど近い田舎町の奇祭で、本来は仏教行事。釈迦の前世を綴ったジャータカに出てくる、釈迦の9番目の前世である布施太子を語る本生経祭が元となっている。ピーターコーンは本生経祭の脇役だが、その異様な姿から、すっかり主役と化した。

もち米を炊くための竹カゴを帽子にし、仮面には一様に大きな鼻を付けて、原色の絵の具で顔を描く。祭りには子孫繁栄の願いも取り込まれているのか、多くがリンガを持って村を練り歩く。

「お告げ」を待たなくてはならないため、開催日は直前まで分からない年が多い。何もない小さい村なので、祭りの日は数少ないゲストハウスが満室となる。ルーイ市もしくはピッサヌローク市に泊まるのが一般的。

最近はかなり観光化され、参加企業の宣伝を兼ねた一大パレードとなっている。

コメントを残す