6/12 メーター不使用、高額運賃要求 バンコクのタクシー運転手に罰金2000バーツ

タイ運輸省陸運局は12日、メーターの使用を拒否して高額の運賃を要求したとして、タクシー運転手のタイ人男性に免許停止1カ月、罰金2000バーツの処分を下し、タクシーサービスに関する3時間のテレビ講習を受講させたと発表した。

この運転手は5月19日、バンコク郊外のモーチット2バスターミナルでタイ人女性客を乗せた際に、メーターの使用を拒否し、運賃として600バーツを要求した。女性はトラブルを恐れて600バーツを支払ったが、被害に遭った様子をスマートフォンで撮影し、タクシーを降りた後、インターネットの交流サイトに投稿した。

コメントを残す