名門競馬場「ロイヤル・ターフ・クラブ・オブ・タイランド」102年の歴史に幕

バンコクのチットラダー宮殿近くにある名門競馬場・スポーツクラブ「ロイヤル・ターフ・クラブ・オブ・タイランド」が16日で閉鎖され、同日、最後のレースが開催され約5,000人もの観客がきたそうです。

「ロイヤル・ターフ・クラブ・オブ・タイランド」は1916年設立。敷地面積32ヘクタールで、競馬場のほか、ゴルフ場、プール、テニスコート、レストランなどを備える。タイのエリート層の社交場としても知られた。地主のタイ王室財産管理局から土地を賃借して運営してきたが、賃借契約が失効した。

コメントを残す