10/23 2018年10月末までに不法滞在の外国人7,000人を追放へ

タイ入国管理局スラチェット・ ハクパーン局長は2018年10月19日の記者会見で、2018年10月末までにタイにいる不法滞在の外国人7,000人を追放すると表明しました。

スラチェット・ ハクパーン局長は「X-RAY OUTLAW FOREIGNER」で実績を上げ、この10月1日より、タイ入国管理局長に就任しています。
同日に行われた23回目の「X-RAY OUTLAW FOREIGNER」では、タイ各地の語学学校や市場など265ヵ所を捜索。オーバーステイや外国人事業法違反などで、日本人1人を含む約700人が逮捕されました。なお「X-RAY OUTLAW FOREIGNER」ではこれまでに5,071ヵ所を捜索し、3,501人の外国人が逮捕されています。
タイにはさらに約7,000人の外国人が不法滞在していると見られており、10月末までに約7,000人が逮捕される見込みとのこと。

コメントを残す