11/2 バンコク首都圏、雨期明け大気汚染悪化

雨期明けにともない、バンコク首都圏の大気汚染が戻ってきた。

タイ天然資源環境省公害管理局によると、1日午後6時時点のバンコク首都圏の空気質指数(AQI)はバンコク都ワントンラン区プラプラーで109、北郊のノンタブリ県パクレットで131、南郊のサムットプラカン県プラプラデーンで101と基準値の100を上回り、「健康に影響がある」水準だった。

コメントを残す